4/30新型コロナウイルスに関連した感染症対策について登園を自粛した場合の利用者負担額(保育料)の取扱いについて

新型コロナウイルスに関連した感染症対策について登園を自粛した場合の利用者負担額(保育料)の取扱いについて ・家庭保育協力の依頼

先般コロナウイルスに関して随時お知らせをしております。保護者の方におかれましても、日々状況が変わる中での、園での対応に、ご理解とご協力ありがとうございます。京都市より通知がありましたのでお知らせします。

登園を自粛した場合の利用者負担額(保育料)の取扱いについて
(コロナに関連し、家庭保育された場合 保育料が減額になります)

3月分保育料より、新型コロナウイルス感染症対策に関連して、登園を自粛した児童については、登園を自粛した日に応じて、日割り計算を行い、保育料を減額します(登園自粛により1箇月中に一度も登園がない場合、保育料は0円となります)。なお、新型コロナウイルス感染症対策に関係がない理由での欠席は、減額の対象外です。
<減額後の保育料の計算式> 本来の保育料×該当月の登園日数÷25日

保育料はいったん全額お支払いいただき、登園自粛日等を確認後、日割り計算による減額分を還付する予定となります。登園自粛日等の確認や還付請求手続きの詳細については、京都市より詳しく通知があり次第、後日改めてお知らせいたします。なお、園を休まれた日及び理由について、確認をさせていただく場合がありますので、あらかじめ御了承いただきますよう、お願いいたします。

家庭保育協力の依頼 期間を5月31日まで継続

感染拡大防止のため、京都市より通知を受け、可能な限り、家庭保育協力依頼をしているところですが、期間を5月31日まで継続との通知がありました。これをうけ、引き続き、ご家庭での保育が可能な方に、家庭保育のご協力をお願いします。(家庭的保育の協力依頼は,一旦は5月31 日までとし,以降は,状況を踏まえたうえで改めて判断となります。)
現時点では感染拡大防止を図りながらの開園となりますが、こども園において感染リスクが低いわけではありません。感染拡大防止と、お子様の安全のためにも、可能な範囲で家庭保育にご協力いただける方は、担任までお申し出ください。

IMG_1531